介護サービス利用までの流れ

6要介護認定の結果を受け取ろう

訪問調査を終えると、要介護度が判定され、結果として通知されます

1いつ、どうやって受け取るの?

認定の結果は申請から原則30日以内に、要介護認定の申請書に書いた住所宛に郵送で届きます

受け取りまでの流れ

要介護認定の結果を受け取るまでの流れ

※訪問調査日の調整などによって前後することもあります

2結果って何が届くの?

「認定通知書」と「被保険者証」が届きます
それぞれの確認ポイントをおさえておきましょう

認定通知書の確認ポイント

要介護度区分

まずは非該当(自立)要支援1~2要介護1~5の中のどれに認定されたかを確認しましょう
どの要介護度区分に認定されたかによって、利用できるサービスや、利用限度額などが異なります

認定の有効期限

新規申請の場合は有効期間が原則6か月とされています
6か月後も継続してサービスを利用するには有効期間満了日の60日前から更新が必要となりますので、有効期間はいつまでなのかをしっかり確認しておきましょう

「被保険者証」の確認ポイント

要介護度区分

認定通知書で確認した要介護度区分と同じ要介護度が記載されていることを確認しましょう

認定の有効期限

認定通知書で確認した有効期間と同じ期間が記載されていることを確認しましょう

※要支援または要介護の認定を受けた方は、介護保険の負担割合の区分(1割から3割)が記載された「介護保険負担割合証」が交付されます

3よくある質問

有効期限があるの?

はい、あります。初回は原則として申請日から6か月です。 なお、新規申請の有効期間は市区町村によって3か月~12か月の間で異なります。

月の途中に申請した場合は、その月の末日までの期間+6か月となります

4月20日に認定の申請(初回)をした場合有効期限は10月末

※引き続き介護サービスを受けるには有効期間満了日の60日前~満了日までに更新の申請をする必要があります

結果に納得がいかない場合はどうすればいいの?

まずは市区町村の窓口に相談しましょう

それでも納得がいかない場合は、介護保険審査会に不服申し立てをすることができます

※ただし、申し立ては結果を受けてから60日以内に限ります

まずは窓口にご相談ください

※ 公的介護保険制度については、平成30年8月現在の厚生労働省発表の内容をとりまとめたものです。
詳細は、市町村・特別区にお問い合わせください。