認知症ねっと ※外部サイト「認知症ねっと」へ移動します

2011年10月31日 11:35

投稿者

困った きく さんの投稿

介護対象者の続柄:その他(複数人介護、親戚など)

認知症の有無:あり

要介護度:要介護5

介護状況:介護対象者が長期施設入所中

診断名:認知症 高血圧

大腿骨骨折リハビリのゴール

92歳の祖母が自宅の玄関のたたきで転倒。大腿骨骨折で入院中です。そろそろリハビリも本格的になるようで、リハビリのゴールを「車いす前提」か「歩行可能」かで悩んでおります。

今まで、入院したことなく本人も、家族もオロオロです。

認知症があるため、退院後、施設にしろ自宅にしろ歩行可能だと、介護側、本人にもまた、転倒骨折のリスクがあるため…
家族の中でも、意見が割れています。
私個人は、足は、第二の心臓。彼女のプライドの高さも入れて、可能な限り歩行を望んでいるんですが、父や旦那は、正常な判断ができなくなっているんだから、「車いす前提」のほうで、しょうがないだろうと。
 たくさんの立場の方からご意見いただければと、思っております。

6人が共感しました

退会済みユーザーさん
2013-06-22 10:41:09
あっちゃんさん
あっちゃんさん
2012-11-20 07:58:59
hahannさん
hahannさん
2011-11-07 14:48:41
えったんさん
えったんさん
2011-10-31 22:13:06
しまさん
しまさん
2011-10-31 20:45:33
理絵  姐さん
理絵 姐さん
2011-10-31 13:02:29
この画面を閉じる

共感してくれた人リスト

  1〜7件目を表示

投稿者

きく さんの返信

 

介護対象者の続柄:その他(複数人介護、親戚など)

認知症の有無:あり

要介護度:要介護5

介護状況:介護対象者が長期施設入所中

診断名:認知症 高血圧

hahannさんへ
 貴重な体験談ありがとうございました。
 優しさがとってもうれしかったです。
 
 整形の先生も骨の専門家、事例も豊富なのでしょうね。
 
 本人と変わってあげられないし、つらいところです。
食欲もムラがあり、入院生活で認知も進んでいるように思います。
退院予定も過ぎましたが、昨日は「うがい」ができました!
気持ちが穏やかになれればと願うばかりです。

ありがとうございました。

返信登録日 : 2011年11月10日 09:10

コメント者

hahann さんのコメント

介護対象者の続柄:実父

認知症の有無:なし

要介護度:要介護3

介護状況:別居で在宅介護中

私の父は、最初の大腿骨骨折から計5回、6カ所の骨折が続きました。
転倒が原因でした。
糖尿病がありましたので、骨もだいぶ脆かったのでしょう。
リハビリも病院によって様々、ご本人の意欲と体力にもよるので何とも難しいですね。
骨折の度に本人は痛い思いをするし、自力でできることも減り続け、欲求不満は増すばかり。
車椅子も褥瘡ができたり、気を揉みました。
安全と言い切れるものなら、悩まないですよね。
認知症があればなおさらですね。
たいへんですね。
お役に立たないけど、ひとこと言ってみたくて。
一度決めたからといって、拘らず、君子豹変でいいんじゃないでしょうか?

コメント登録日 : 2011年11月07日 14:48

投稿者

きく さんの返信

 

介護対象者の続柄:その他(複数人介護、親戚など)

認知症の有無:あり

要介護度:要介護5

介護状況:介護対象者が長期施設入所中

診断名:認知症 高血圧

絵里姐さん・えったんさん・しまさん 体験談ありがとうございました。
 
 本人や家族が望んでも、本人の体の中まではどうすることもできませんよね。
 頑張りすぎても疲れさすだけかも…
 
 あわてず、さわがず、あきらめず~

父や旦那が言うように 車いす前提のリハビリゴールで
 あとは、医師やケアマネージャーや介護スタッフの皆さんと
 知恵を出しながら~様子を見なが~らと思います
 
負けず嫌いなので、自分から体操してくれたらな~
また、皆さんの体験・お知恵をおかしくださいねませ。
温かいご返事ありがとうございました。


返信登録日 : 2011年11月01日 12:27

コメント者

理絵 姐 さんのコメント

介護対象者の続柄:その他(複数人介護、親戚など)

認知症の有無:なし

要介護度:要介護2

介護状況:別居で在宅介護中

診断名:腰椎骨折

そうそう、えったんさんのコメントで思い出しました。

高齢者、特に女性の場合はやはり年齢相応に骨がもろくなっている可能性があります。
戦前の方はカルシウム含有量が少ないらしく、知らないうちに圧迫骨折をすることも少なくありません。実父もそうで、車椅子生活になってから腰椎に圧迫骨折が見つかりました。

確かに自立を守るためには自分で移動できることが重要なファクターではあります。でも気をつけることがけっこうあるということをお忘れなきよう。

コメント登録日 : 2011年11月01日 10:57

コメント者

えったん さんのコメント

介護対象者の続柄:実父

認知症の有無:なし

要介護度:要介護2

介護状況:別居で在宅介護中

こんばんは はじめまして(*^_^*)

私の父は79歳ですのでお祖母様から見たら若いのですが・・・昨年12月に圧迫骨折
から歩行困難になり2月からリハビリをスタートさせました。

リハビリがす進むにつれて、もしかしたら自立まではいかないにしても歩行が可能?
とも期待したのですが・・・リハビリをスタートさせるまでに使わなかった足の筋肉
の委縮?で歩行器・・・もしくは杖がなければ無理だな・・と感じるように・・。
父は独居なので見守りがない時間帯の移動手段は這ってもらい・・・見守りがある
時間帯は自宅でのリハビリと称し杖で歩く事を楽しんでもらいながら足の筋力を
落とさないようにしてもらっています・・・。

父にとって歩く事がモチベーションを上げているとPTさん達に言われ・・・週2回の
リハビリも暫くは続け・・・・杖歩行が見守りの中でなら出来る状態を維持させて
いこうと・・・主な移動手段は車椅子が前提・・・ここに落ち着かせるまで私も悩み
ましたが骨密度も低く折角回復させて、また転倒されたとしても次はここまで回復さ
せられるか?わからない・・・・と考えたら・・ここが最頂点なのかな?と考える
ようになりました・・・。

コメント登録日 : 2011年10月31日 22:28

コメント者

しま さんのコメント

介護対象者の続柄:実母

認知症の有無:なし

要介護度:要介護3

介護状況:過去に介護をしていた

きくさん 今晩わ~ 初めまして
御祖母様の介護 お疲れ様です
大腿骨骨折 大変でしたね~ 
家の母も 8年半前に 大腸癌が解り 人工肛門を付け
退院しました 本人には 告知しませんでしたが 入院して
寝たきりに成ると困ると 本人が 積極的にトイレ 食事は
歩いて 行くと言う事で ベットの下に ポータブルトイレを置き
夜はそこで 用を足してもらい 朝から寝るまでは 廊下を伝い 
手すりを付け 歩いて行ってました
ディサービスも 行きました そんな時は 車いすでした
身体障害者と言う事で ベット 車いす レンタルでした
訪問看護師さん ケアマネさん 良く話を聞いて呉れ
助けて戴きました
御病気が有ると言う事で中々難しいと思いますが 
少しでも御祖母様が 快適に過ごす事が出来るように
成ると良いですね もし 御本人が歩きたいと言うお気持ちが
有るなら 少しでも 手すりを付け 歩く努力をして戴きましょう
大変ですが お疲れに成らないように お過ごしください

コメント登録日 : 2011年10月31日 20:45

コメント者

理絵 姐 さんのコメント

介護対象者の続柄:その他(複数人介護、親戚など)

認知症の有無:なし

要介護度:要介護2

介護状況:別居で在宅介護中

診断名:腰椎骨折

私の父は車椅子にしました。
もともと歩行器を使うレベルで、健脚とはほど遠い状態ではありましたけど。
やはり認知が入っており、下手に歩かせてまた転び、打ち所が悪かったら…などと考えると、歩行器にもどすことはあきらめざるを得ませんでした(当初のリハビリは二段構えでやっていたのですけどね)

ただ車椅子とは言っても、ベッドから車椅子への乗降、トイレでの独立した作業など、まだまだ下半身を使うことはたくさんあります。父は何もかも人を頼りにはしたくないようで、入院中から車椅子で廊下をスラローム・ランしたりσ(^_^;)アセアセ...トイレももちろん自力で行きたがります。したがってリハビリは欠かさず行い、そこでは簡単な歩行もして下半身の筋肉を維持するようにしています。

プライドの高いおばあ様なら、できるだけ自力でふんばろうとされるかもしれませんが、その辺は上手く言いくるめられるといいですね。

コメント登録日 : 2011年10月31日 13:02